スギヤマケイのコミュニティセンター

コミュニケーター・スギヤマケイのイベント情報など。イベント開催のご相談、コラボのお誘いはお気軽に!

Sponsored link

【振り返り】2019年2月に参加したイベント

こんにちは!スギヤマケイです。

2019年2月に参加、主催したイベントを振り返ります!

こちらで紹介しているイベントのほかにも、スタートアップ企業に勤め始めてプロフィールを少し変えたり、友人のinnovativeな結婚披露宴に紋付き袴で参列したりと、賑やかな2月でした笑

 

 

科学技術の智プロジェクトNEXT 第3回ワークショップ (2/9)

科学技術の智プロジェクトNEXT 第3回ワークショップ」に参加しました!

2008年に日本の科学リテラシー、技術リテラシーについて分野横断で議論、提言した「科学技術の智プロジェクト」から生まれたネットワークと実践の取り組みを維持、拡大していくためのワークショップです。

主に学術界、教育界で活動されている方々が集まり、プロジェクト発足からこれまでの活動とそれぞれの理念が共有されました。プレゼンテーションと並行してLINE上のアプリケーションでも質疑や意見が交わされ、濃い交流の機会になりました。

学術界、教育界、行政、産業界ほか、いろいろなセクターで意識を向けて活動する人が存在することと、その人たちが意見を交わすプラットフォームが存在すること、そして数ある社会課題の中の1つとして他の社会課題に取り組む人と連携していくことが活動の効果を強めるために大事なんだろうと思う今日この頃です。

f:id:k_sgym1116:20190302181924j:plain

科学技術の智プロジェクトNEXT 第3回ワークショップ の様子①

f:id:k_sgym1116:20190302182012j:plain

科学技術の智プロジェクトNEXT 第3回ワークショップ の様子②

 

あたりまえの『ウラガワ』展 (2/10)

三菱電機のPR施設「METoA Ginza」で開催されていた企画展「あたりまえの『ウラガワ』展」を見に行きました!

スマートフォンの電子基盤に使われている加工技術や巨大スクリーンに使われている映像素子など、電気製品の「ウラガワ」に楽しく触れられる企画展でした。

哲学的な絵本として界隈で有名な「りんごかもしれない」(ヨシタケシンスケ、ブロンズ新社)とのコラボレーション企画も行われていて、子どもたちにとってとてもいい知的刺激になっているようでした。

f:id:k_sgym1116:20190303192311j:plain

あたりまえの『ウラガワ』展 -METoA Ginza

f:id:k_sgym1116:20190303192417j:plain

極小「富嶽三十六景」 -あたりまえの『ウラガワ』展

f:id:k_sgym1116:20190303192523j:plain

高電圧遮断器は、ロボットのこどもかもしれない -あたりまえの『ウラガワ』展

 

編集者が語る! 一世紀近く続く科学のデータブック「理科年表」製作の舞台裏 (2/23)

大学の実験レポートを書く際などにお世話になった科学データブック「理科年表」の編集者が語るトークイベントに参加しました!

「理科年表」誕生の経緯や原稿集めの苦労、理科年表の楽しみ方など、編集者ならではのマニアックで興味深いお話を聞けて面白かったです。ちなみに当日お話された編集者の方は、理科年表よりも時刻表(交通新聞社版)の方がお好きとのこと笑

www.maruzen-publishing.co.jp

 

さんさき坂でボドゲ!6th (2/23)

先月に引き続きさんさき坂カフェ6回目のボードゲーム会を開催しました! 

主催者含めて12人。大いに遊んで笑いました!

f:id:k_sgym1116:20190303194122j:plain

適当なカンケイ: 絵柄の組み合わせ方が共感できる人数を競います。

f:id:k_sgym1116:20190303194520j:plain

交易王: 交易を制して大商人を目指します。

f:id:k_sgym1116:20190303194709j:plain

思い思いの「孤独」が表現されています。(ぽんこつペイント)

f:id:k_sgym1116:20190303194754j:plain

さんさき坂でボドゲ!6thの様子①

f:id:k_sgym1116:20190303194817j:plain

さんさき坂でボドゲ!6thの様子②

 

ソクラテス・サンバ・カフェ (2/24)

筑波大学東京キャンパス文京校舎で開催された哲学カフェに参加しました!

この日の参加者は約40人。6つのテーマに分かれた話を出発点に、言葉のもつ力や受け容れるという心持ち、「家族幻想」に囚われないこと、などについて対話していきました。

tetsugaku-cafe.com

 

3月は主催イベントが盛り沢山です!

Sponsored link